青山のクリニックで下眼瞼たるみとりをしたら印象が変わった

若々しい目元になれる

様々なエイジングサイン / カウンセリングを専門 / 若々しい目元になれる

思っているよりも少し多めにかかると思ってカウンセリングに行く事をお勧めします。
施術前にはシミュレーションをしてもらい、どういう感じになるのかというのもわかりやすく説明されました。
若々しい目元になれるという期待度がどんどん高まりましたので、不安よりもそういった期待の方が大きかったです。
いざ施術をしてもらう時には麻酔をしていたのでほとんど痛くありません。
見えているので怖さは少しありましたが、看護師さんが常に声をかけてくれていて助かりました。
術後は少し腫れていましたが、そこまで目立たない腫れ具合です。
1週間後に抜糸をして修了しましたが、とてもきれいな目元になりました。

negative vectorという眼球に対して眼窩縁が後退している方は、中顔面が平らで寂しげに見えやすかったり、20代から下眼瞼の脂肪突出やクマが目立つ傾向があります。


治療法は中顔面の凹みに脂肪注入(+下眼瞼脱脂)が一般的ですが、手術まで考えていない場合はフィラー注入でも多少改善できます。
pic.twitter.com/HLTxIK3Dob

— れいな先生@きれいな肌に育てる美容皮膚科 (@reina_sensei) September 10, 2021

下眼瞼たるみとり 青山眼瞼下垂症の手術